2010年04月12日

沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉(産経新聞)

 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)は7日、同館の第6展示室「現代」で3月16日から開催されている現代史をテーマとした新常設展示について、沖縄戦の解説文の記述内容に沖縄県の市民団体から抗議が寄せられたとして、展示内容を再検討する委員会を18日に開催することを明らかにした。

 同館の展示内容をめぐっては、沖縄戦の解説文で、「集団自決」の部分に旧日本軍の関与を示す記述がなかったことに同県の市民団体などが反発。抗議文書を同館に提出したほか、同県選出の瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん)衆院議員と糸数慶子参院議員も先月展示を視察し、軍の関与を認める記述に変更するよう、要望していた。

 同館は「あまりにも反応が多く、このままにしておくわけにもいかない。記述内容を変更せざるを得ない可能性が高い」としている。

米子−名古屋間の航空便存続ピンチ(産経新聞)
東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
<覚せい剤>パトカー車内に3年近く放置 被告が隠す(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも−東京地検(時事通信)
鳥取市長に竹内氏3選(時事通信)
posted by ナガクラ マサユキ at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。