2010年06月15日

地球帰還へエンジン最終噴射=13日夜、カプセルが豪州落下へ−探査機はやぶさ(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は9日午後0時半から約2時間半、相模原キャンパス(神奈川県相模原市)の管制室で、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの最終噴射を行った。これにより、はやぶさは13日午後11時ごろ(日本時間)地球大気圏に突入し、小惑星「イトカワ」の砂が入った可能性のあるカプセルが、オーストラリアの砂漠の目標地域に落下する見通しとなった。
 約7年間、多くのトラブルを乗り切った宇宙機構の川口淳一郎教授は、最終噴射の成功後、管制メンバーと笑顔で握手。「(小惑星からの)帰りは気持ちが休まるときがなかった。本当に完走できるとは思っていなかった。感慨無量です」と話した。
 キセノンをイオン化して噴射するエンジンは、はやぶさに4台あるが相次ぎ故障。使える部品をつないで1台で運転し、使命を全うした。運転時間は1台に換算すると約4万時間に上る。地球までの距離は約190万キロとなった。
 はやぶさは大気圏突入に先立ち、耐熱性のある円盤形カプセル(直径40センチ)を放出する。カプセルは豪州南部ウーメラ村近くの砂漠にパラシュートを開いて落下し、信号電波を発信。ヘリコプターと車で回収される。一方、はやぶさ本体は落下中にほぼ燃え尽きる見込み。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
帆の完全展開、8日以降に=宇宙ヨット「イカロス」

ハート猫 「チャコ」人気 佐賀(毎日新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
みんなの党、阪急百の元部長を擁立へ 参院選大阪(産経新聞)
歯治療の2歳児、脱脂綿のどに詰まらせ窒息死(読売新聞)
事務所経費に漫画「良くない」と民主・細野氏(読売新聞)
posted by ナガクラ マサユキ at 21:01| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

求職はメール、口座なし送金 携帯利用で途上国の生活向上(産経新聞)

 アジアやアフリカの開発途上国や新興国で携帯電話を使ったウェブサービスが普及し、人々の生活が激変している。スラム街の住民がメールで仕事を探したり、銀行口座を持てない人々が送金できるようになった。先進国では見向きもされない低機能な端末で利用できるサービスばかりで、携帯が持つ可能性の大きさを改めて見せつけている。外資による現地企業の買収が加速するなか、日本企業も新しい市場に熱い視線を注ぎ始めている。(黒川信雄)

 ◆低機能でも需要

 「最低限の機能しか持たない携帯電話でも、人々の健康管理を劇的に向上させられる」。今年2月、スペインで講演した国際電気通信連合(ITU)のトゥーレ事務総局長は、携帯メールで遠隔地の医師からアドバイスを受けられるサービスを例に、途上国での携帯普及の意義を強調した。

 ITUによれば、中国やインドなどでの携帯普及を背景に、世界の携帯契約件数は2010年末までに50億件。通信インフラが脆弱(ぜいじゃく)な途上国では、電話線の敷設がいらない携帯が爆発的に普及。固定電話すらなかった地域でメールやネットが利用できるようになり、人々の生活を劇的に変えている。

 「調理師や家政婦、運転手、警備員−。非正規雇用者をネットワークでつなぐのがわれわれの使命だ」。06年にインド・バンガロールで設立された「ババジョブ・ドットコム」は、そんな理想をサイトに掲げる。

 求職者が職種や勤務地などをネットで登録すると、希望に合った仕事が雇用者からメールや電話で連絡されるサービス。先進国では目新しいとはいえないが、非正規雇用が多いインドでの就職活動が「人のつながり」が頼りだったことを考えれば大きな変化だ。

 携帯のウェブサービスはアフリカでも普及が本格化している。ケニアのサファリコムが07年に開始した「エムペサ」は、利用者がサファリコムの販売店に現金を持ち込むと預金や送金ができるサービスだ。

 利用者が送金したい相手に金額をメールで知らせると、受信者は近隣の販売店で現金を受け取れる。銀行口座の保有率が低い途上国だが、携帯さえあれば銀行と同様のサービスを受けられる。利用者は、08年末で500万人を突破した。

 ◆日本企業も進出

 インドやバングラデシュなど途上国への投資を続けるNTTドコモの国枝俊成執行役員は、電話がない人が携帯を持つのは「革命的な出来事」と表現する。「例えば、野菜を売る農民が作物が一番高く売れるタイミングがいつかなどが分かれば、生活が一変する」

 普及台数の拡大を受け、途上国への出資ラッシュも発生。アフリカではその覇権を狙い、インドや中国企業による現地企業の買収合戦が本格化しつつある。

 日本企業でも、ソフトバンクが英ボーダフォンなど国際携帯電話事業者と携帯電話向けサービス開発を共通化させる合弁会社を立ち上げたほか、三井物産もイタリア企業と合弁でアジアなどで携帯電話向けコンテンツを配信する企業を設立するなどしている。

【関連記事】
チャベス大統領、ツイッターへの返信のため200人雇用
ダライ・ラマが今夜、ツイッターで中国市民と交流
“ケータイ王国”の韓国 活気と無礼は紙一重
ネットで「腎臓売ります」 インドネシアで広告急増
中国の検閲システム、“インターネット警官”が監視

バレー元日本代表を逮捕=覚せい剤所持の疑い―大阪府警(時事通信)
マンションオーナーを緊縛300万引き出す 中国人を強盗致傷で逮捕(産経新聞)
<石原都知事>「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
枝野新幹事長就任会見詳報(5完)(産経新聞)
走る車のカーテンは違反…広島だけじゃないはず(読売新聞)
posted by ナガクラ マサユキ at 23:57| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

建造物侵入 ウアルカイシ容疑者を釈放 警視庁(毎日新聞)

 東京都港区の中国大使館に侵入し建造物侵入容疑で現行犯逮捕された天安門事件の学生運動指導者、ウアルカイシ容疑者(42)が6日午後、釈放された。弁護人によると、今後は在宅で東京地検の捜査に応じるという。

 ウアルカイシ容疑者は89年の天安門事件後、中国当局から指名手配され、現在は台湾に亡命中。2日に来日し、3日に成田空港から中国に向かおうとして搭乗を拒否されたという。4日午後、中国大使館前で抗議活動をした際、正門前のパイプ柵(高さ約70センチ)を乗り越え敷地内に数メートル侵入し、警戒中の警察官に現行犯逮捕された。

 警視庁は6日午前、ウアルカイシ容疑者を同容疑で送検、午後3時半に留置先の東京湾岸署から釈放した。同容疑者は釈放直後に報道陣に対し、「自首という方法で帰国したいと在日中国大使館に伝えた。しかし回答は得られず、中国の領土(大使館)に侵入することを決意した」と説明。「たとえ牢屋(ろうや)の中ででも、帰国して21年間会っていない両親に会いたい」と訴えた。さらに、天安門事件の風化が進む中で、「国内外にいる民主活動家たちの心情を表したかった。中国では民主主義を求めるには対話が重要。今後もそれを求めていく」と話した。【村上尊一、工藤哲、隅俊之】

【関連ニュース】
中国指名手配:ウアルカイシ容疑者を逮捕 警視庁
台湾:中国に「人権熟慮を」 天安門事件から21年で
中国:天安門事件から21年 評価変えず
中国:温家宝首相 胡耀邦氏への追悼文を寄稿 極めて異例
銀幕閑話:第255回 中国13億人のミューズ

いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
<韓国艦沈没>中国が対応模索 日中韓首脳会談閉幕(毎日新聞)
iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater](Business Media 誠)
辞任会見開催に首相「私が決めることでない」 出邸は15分遅刻(産経新聞)
<雑記帳>上海万博に「金色」トイレ…INAX(毎日新聞)
posted by ナガクラ マサユキ at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。